一水四見

enju's Private Blog

ワークショプ

「あんちゃんと一緒に、『歎異抄』を読みたい。」

sign


明けましておめでとうございます。2015年は「あんちゃんと一緒に『歎異抄』を読もう。」が開催されます。『歎異抄』?そう自身を「罪悪深重の凡夫」「地獄必定」と言い切った、親鸞聖人の言葉をお弟子が書き留めたあの書物です。

といっても、単なる読書会ではなく、生身をかけた真剣な座談になると思われます。

仏教サイドの方も、ワークショップサイドの方も、想定外な時間となるでしょう。冷やかしはいりませんので、崩れて落ちてダメダメな人間になる覚悟のある方のみご参加くださいませ。

何かを期待しても、何も得ることはないでしょうし、ただ偽りの自己が照らされるのみでしょう。

詳細は下記ホームページにて。

http://revision.enju.in/workshop/tannisyo2015.html

よろしければ、その身一つでおいで下さいませ。

◉ 日時 

2015 年
1 月 26 日(月)19:00-22:00 場所 studio CAVE(大阪府西区)
2 月 23 日(月)19:00-22:00 場所 studio CAVE(大阪府西区)
3 月 23 日(月)19:00-22:00 場所 楷定寺(大阪府高石市)


●当日は...

あんちゃん(藤岡延樹)、森を中心に参加者が半円で囲み、森から、あんちゃんへ問答を挑みます。機に応じて橋本久仁彦が問答に加わります。

<森洋介の問いを受けてくれる人>

■藤岡延樹(浄土真宗本願寺派楷定寺副住職、Re:Vision! 代表)
20 代をミュージシャンとして過ごした後、大学で伝統・近代仏教学を学び、
大学院在学中に恩師である故西光義敞先生の「真宗カウンセリング」に出会う。 真宗カウンセリングの仲間とともにつくる「育ち合う場」としての「Re:Vision! 」代表となる。 フェンスワークス・フェローとして、フェンスワークスの仲間とも遊ぶ。 だいたいいつも真っ黒い服を着て、あやしい雰囲気をプンプンさせている。

<ゲスト>

■橋本久仁彦(口承即興~縁坐影舞舞踏劇団「坐・フェンス」坐長)
円坐守人として、縁坐影舞の坐長として、既成の心理学やら「自己実現」やら「癒し」やらを全部ぶっ飛ばして、ただ、生きて死ぬという人生の事実に正面から向き合い続ける姿を、僕(森) に見せ続けてくれている。
故西光義敞先生、「真宗カウンセリング」との出会いを機縁として、仏教についても造詣が深 く、ほんとに面白く仏教についても語ってくださる。

<あんちゃんに問いを挑む者>

■森 洋介(フェンスワークス)
ふだんは、円坐守人であったり、縁坐影舞のヒトガタ役者だったり、
人生の先輩に戦争体験をお聴きする「円坐と縁坐舞台の旅」を主宰したりしている。 『歎異抄』との出合いは、故西光義敞先生との出会いのなかで、こんなに静かに坐れる人になり たいな、そのためには浄土真宗のこと知りたいなと思ったのがはじまり。もう 20 年くらい前だ。

詳細は下記ホームページにて。

http://revision.enju.in/workshop/tannisyo2015.html

寺子屋カルチャー終了!

静岡は掛川、長源寺さんでの宿泊ワークショップ終了!めっちゃ自由で癒された〜♪楽しかった^_^

sign


10628241_896147377091999_4488569576902515293_n僕はファシリテーターとして招待いただいのですが、こんなにファシリテーションしなかったワークショップは初めて(笑)ファシリテーターの究極は「何もしないこと」なんですが、まさに何もしなかった2日間。
ただ、人と居て、ご飯食べて、生活の仕事して、後はボーッとしてました。10347688_896146610425409_5599358576988944545_n

足湯を沸かすためのボイラーへの撒き焚き。山の奥の滝を探しての散策。凍えながら辿り着いた温泉。囲炉裏を囲んでの温かい食事や酒盛り。朝のお粥の美味しさ。坐禅して、犬と遊んで。素朴で優しい地元の方々との温かい交流。どれもみんな自然で無為で本当に癒されました。
10675599_896147397091997_193311185611282117_n

人為的で構成的なセラピーやワークはここでは全く必要ありません。学びとか成長とか気づき発見とか云々を殊更に言う必要もなく。ただ、そこに一緒にいる。時々人生を語り合ったり、宗教や人間を語り合ったり。悩みや、夢や、愚痴も交わす。うん。こういうの、こういう場に居たかった。作りたかった。1908211_896146390425431_6902048920910862093_n

これからもこのお寺さんとのご縁は続きます。

次は夏に、沢登りしたり、滝に打たれたり、バーベキューしたり、足湯ボイラーワークしたり、坐禅したり、円座したり、ボディワークしたり、昼寝したり、肝だめししたり、その場で起こることを起こるままに、楽しみたいな。

そして、生きづらい人や、死にたい人や、人生に疲れ果ててたり、絶望してる人も、ここで寝食を共にしながら、それぞれが自由に過ごせるようなリトリートをしよう、とも。

長源寺の澤中和尚お世話になりました。また遊びに行くよ〜!

古くて新しい場と、古くて新しい人々。

岐阜県は大禅寺、根本一徹住職の主催する『山カルチャー』終わる。

http://revision.enju.in/workshop/yama-culture20140621.html

【雑感】

思えば私という存在は、気がつけばこの世に既に存在していた。何処かの誰かが言っていたように、まさにこの世界に投げ込まれた存在だったのかもしれない。

そういう訳だから、今ここに、現に生きる人間が、それぞれに「何か」真実なるものを探求したり、生命の本質的な「何か」と触れるための仕方や場が古来から大切にされてきたのだろう。

そうした人間の歴史の中で、それらが体系化され脈絡と受け継がれてきた。我々の暮らす日本ではそれは「道」と呼ばれ、広く文化としても今日まで語られ受け継がれ物語られてきた。

時々に様々なカウンターカルチャーがそれらのバランスを取り、または潰し合い、あるいは弁証法的にそれらの伝統を時々にアップデートしてきたのだろう。

現に生きて存在し、その存在ゆえに悩み苦しむ人間が「何か」を求めて、偉大な伝統や、逆に新しい文化にその「何か」を見出す可能性を感じてきたのだろう。

「何か」とは「何か?」。

そう「何か」としか言語化できない、言語以前のモヤモヤやヘドロモドロで把握しようもない「何か」。

これまでは、その「何か」を培う体系は、宗教的伝統が担ってきた。

檀家制度が崩壊しつつある現在、個としての探求者が伝統的な体系にコミットする要素として、以下の3点を挙げてみる。


1.宗教や宗派や会派の理念や思想哲学に惹かれて。

2.行為や修行としてのプラクティスやメゾットや手法に惹かれて。

3.あるいは指導者や人物のカリスマ性や人柄、または仲間・共同体に惹かれて。


一つの何かを自らの決断で選択する熱心な人ほど、神経症的な信仰や、カルト的な信仰形態を経ることが多いように見受けられるし、必然的に独善的、排他的な空気が形成される。

また指導者のカリスマ性や人柄に就く危険性も度々指摘されてきた。ドグマと化した宗教的権威性も同じことだろう。

かといって、宗教色や宗派色を薄めた所謂ユルい場作りには、世俗迎合的、仲間同士の仲良しサロン的な雰囲気が漂い、実存的飢餓状態にある探求者には物足りない。

あるいは、情報化社会となり、ほぼ世界の伝統的な経典やテキストが自由に読め、またその指導者とも縁を結べる時代にあって、あちこちを渡り歩き、様々な思想のパッチワークに奔走し、結局は根本不安を募らせてしまうという、情報遭難、スピリチュアル難民に陥ってしまう人も少なくない。

今回、集まった人々は、アーティストや宗教家やカウンセラーや場作りをしている方が多かった。もちろんその他の様々なあり方の方々も。

紐解いて見ればいづれも探求者であった。いや本質的に人間とは、自らや世界を問わずにおれない存在だと言えるだろう。

今回ここ大禅寺で、上記1.2.3を超える場に(あるいはその可能態としての場に)立ち会えた思えるのは、僕だけだろうか。

振り返れば、現代の古くて新しい「場」としての、確かな胎動を感じた二日間でした。

そんな場に立ち会えたことに感謝し、出会えた仲間にお礼申し上げます。

マスコミに取り上げられたり、流行に迎合するのでもなく、つながりあう人と人を通じてこのような場が起こりつつある今は、最もスリリングな時代なのかもしれない。

稀有な時間をありがとうございました。もう二度と会えなくても、もう既に出会ったという感覚。

無垢な存在は美しい。。。。

それぞれの道を歩み行きましょう。

また、ご縁にまかせて。





「山カルチャー」

敬愛する禅僧にして友人の、根本一徹師のお寺、岐阜県の大禅寺で、今月21日22日に宿泊Workshopが開催されます。

題して「山カルチャー」!

10354246_782122791827792_2361333037731435101_n


前回もかなりヤバかったのですが、今回は「プレイバックシアター」という手法を使って、さらに楽しく
深イイ時間になると思われます。自然豊かな禅寺での二日間、どんな顔ぶれが集うのか、楽しみなWorkshopです♪ 僕が(^^ゞ

詳しくは下記アドレスをクリック!

http://revision.enju.in/workshop/yama-culture20140621.html

Oceans Project PERU

fence worksの遠征プロジェクトPV「Oceans Project PERU 」の音楽を担当。詞先(詩が先で曲が後)という経験はあるけど、映像先は初めて。BGMに徹しつつ、まだ見ぬペルーに思いを馳せました。さて、PV観ると行きたくなるでしょ?一緒に行きませんか☆

DPAエンカウンターグループ

sign


5月19日(土)京都でエンカウンターグループ(円座)があります。主催はDPA研究会。真宗(仏法)法座とカウンセリングを学ぶ人達による1dayワークショップです。残席希少。

【Re:Vision! HP】http://revision.client.jp/workshop/dpaeg2012.html

即興アートパフォーマンス集団「Sevens」

即興アートパフォーマンス集団「Sevens」のワークショップ&公開研究会の第一回目が終了しました。とりあえず言語化できることをメモしておきます。

・時間軸・永遠の現在。
・一挙に押し寄せる。
・反復と塊。
・考える前に動いている。
・意味は後から。
・圧倒的な情報量。
・質感はなぜ伝わるのか?
・もし伝わるなら、どのようにキャッチされているのか。
・etc


続きを読む

あんちゃんインタビュー



フェンスワークス主催「エンカウンター・レボリューション2011」のファシリテーター・インタビュー映像。わたくし、enju(あんちゃん)のインタビュー映像がさっきアップされました。

このエンカウンター・レボリューション。総勢20名のファシリテーターがそれぞれの場を開く。現在日本でこれだけの規模の「非構成的エンカウンターグループ」が開催されているというのは、おそらくココだけだろう。これはとてつもなくエキサイティングな出来事で、またこれは興味深いことだと思う。

さて「エンカウンターグループとは何なのか?」カール・ロジャーズ云々と解説することも可能だが、それではエンカウンターグループを知ったことにはならない。実際に、生身の自分をかけてその場に座ってみなければその価値は多分わからない。。。(というしかない)

一つとして同じグループ、同じ時間はない。目的もテーマもなく、ただありのままに聴く。ここでは、社会的地位も知識も経験も、そういった全ての鎧が役に立たない。めまぐるしい現代社会にあって、この現象がどう理解されるのだろうか。先ずはこの場を開く20名の声を聞いてみてはいかがでしょうか。今、大阪が熱い!

【Encounter Revolution】
http://www.fenceworks.jp/cn5/2011ER.html

☆僕も座ります☆残席僅か!
http://revision.client.jp/workshop/2012.1.28_yotogi.html

東京や福井など、各地から参加者あり。あと1〜2名なら潜り込めますよん^^

321「無題」の集い@東京

sign


2011年3月21日(月・祝日)東京にてワークショップ開催。

未曽有の大災害。いま僕らにできること。それぞれのさまざまな思いを胸に。ともに集い・ともにいる場を。東京で様々な場づくりを実践しているメンバーが集い、急遽ワークショップを開催。どなたでもおこしください^^

詳しくはこちらで→ http://revision.client.jp/workshop/321tokyo.html

「非構成的エンカウンターグループ」連続開催

sign



▼ 輪になって座る「非構成的エンカウンターグループ」連続開催

ある日、気が向いて集まった人々が、円座になって、ゆっくりと、それぞれのペースで、誠実に語り合うこと、そして耳を傾けあうこと。僕はこのような集いを「出遭いのグループ」(エンカウンターグループ)と呼んでいます。 「この人(グ ループ)は、私の中に何か問題を見つけようとせずに、私を援助したり、悩みを解決しようとせずに、ただ人間同士として、ていねいに、正確に、聞いてくれ る」。(ERより)そんな場が開かれます。続きを読む

エンカウンター・レボリューション

ピクチャ 2


さて、「エンカウンター・レボリューション」にenjuもファシリテーターとして参戦決定。僕の担当日はRe:Vision!も共催です。レボリューションとはまた刺激的なタイトルですが、まさに今、こういう場こそが必要なのではないかと思っています。各地よりさまざまなファシリテーターが参加しています。どちらからでも、どうぞ。

【Fence Worksから申し込み】
http://www.fenceworks.jp/index.html

【Re:Vision!から申し込み】
http://revision.client.jp/workshop/er.html

9月12日(日)「非構成的エンカウンターグループ」

sign

さて、一緒に座りましょうか。
http://revision.client.jp/workshop/2010.09.12..html

Re:Visino! お知らせ

revision2010.9.10

8月は「広島・長崎」。9月12日(日)、10月3日(日)イブニングワークショプ。
ギャラリー
  • enju1stソロアルバム『Little Planet』完成
  • 「あんちゃんと一緒に、『歎異抄』を読みたい。」
  • CD完成
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • お坊さんモデル
  • 瞑想と音楽とコンステレーション2014東京
  • 【はたらき】
  • 「山カルチャー」
  • 「フリースタイルな僧侶たち」
  • 「一般社団法人メッター」
  • 「大阪大空襲の記憶を語る×傾聴演劇」座談会2013
  • バーテン始めました。
  • 『美st』に出ました。。。
  • メッター☆ラボ開所式
  • 変わるということ
  • DPAエンカウンターグループ
Profile

【enju】

Twitter
Archives
QRコード
QRコード
Twitter
j_enjuをフォローしましょう
popin
  • ライブドアブログ