一水四見

enju's Private Blog

親愛なる人々へ

今夜のBGMは長渕剛『人間』です。

僕は人間がどうしても好きなのかな。

それともやっぱり嫌いなのかな。

FacebookでもTwitterでも、脱個人というか、自身の宣伝や告知ばかりの投稿はどうしてもスルーしちゃう。

企業や団体のアカウントならそれでいいんだろうけど、個人のアカウントでその人の「匂い」のない投稿はつまらなくて時にミュートしちゃう。

なんでかなぁ?

ところで僕はお坊さんの友人が多い(唐突だ)。

そんな友人は、僕が個人的に、その個性が好きな人たちだ。もちろん友人らの宗教への取り組みや、様々な社会活動もリスペクトしている。

が、やっぱりその「人物」が好きなのである(友だちだから当たり前だけど)。

仏教や宗派の教義にいくら詳しくても、「その人」が感じられなければやっぱりつまらない。

理想や持論に自己同一化して、とてもロジカルで議論に強い方もいる。が、友だちにはなれない(お近づきになりたいと思わない。惹かれない)。凄い能力だと素直に関心はするんだけども。。。

僕の先生は、仏教「を」学ぶのも大事だけど、仏教「に」学ぶことの方が何より大事だと言っていた。

仏教は「人間が『真の人間』になる道だ」とも仰っておられた。

もちろん言うまでもなく、仏教は「仏になる道」であるが、先生の仰るその『真の人間』という言葉が最近ますます僕の心に響いている。

言葉をかえれば「私がますます私になる」と言ってもいいかもしれない。

一見「私」を出さずに「教え」を語る人が「無我」っぽく見える。

「私」をあらわにして「実存」を語る人は「エゴ」っぽく見える。

しかし、僕の関心は「人物」なのである。この人はいったいどんな人なんだろう、と惹かれる人に関心があるのである。

その人はどうしてそうなったのか。どうしてあんな雰囲気で生きているのだろうか。どうしてあんな行動や考えをするのだろうか。

それは仏教の影響かもしれないし、または全く違う理由からかもしれない。(果たしてそんな線引きはできるのだろうか)

仏教の専門用語を使っていれば、何か自分は仏教している気になるし、仲間うちではその概念で了解しあえたような気になれる。

もちろん趣味やオタク的なマニア談話もありだと思う。それはそれで楽しいものだ。でもそれをできるのは同じ知識を共有している同じ穴の仲間だけだ。

何が言いたいのか分からなくなってきた(笑)

たぶん職業や思想に同一化した人といると寂しくなるんだ。あなたはそんな人じゃないでしょって。勝手に思っちゃう(笑)

生きている人の言葉が聞きたいのだろう。生身の人間に会いたいのだろう。

構えや鎧をまとわない、普通の人間に会いたいのだろう。

そして、こんな事を書いている僕自身こそが、そんな人間になりたいんだろう。

なりなさいよ。

はい。


たぶんここまで読んでくださった方は僕を直接知っている方だけでしょう。支離滅裂な文章を最後まで読んでくださってありがとうございます。またどこかの飲み屋で聴いて下さいm(_ _)m


enju拝


追伸:BGMは長渕剛『人間』

歌:長渕剛
作詞:長渕剛
作曲:長渕剛

そうだ 俺たちは人間だもの

二人のからだには 血が流れているから



息が詰まるほど 悲しかったから

あなたにしてやれることといったら



あなたと空を見て あなたと泣いて

あなたのその手を 握りしめることくらい



あなたのこの手が 温かいのは

あなたのからだに 血が流れているから



そうだ 俺たちは人間だもの

二人のからだには 血が流れているから



人を愛するたび 切なくなるけれど

やっぱり独りでは 生きてゆけません



苦しみの数だけ 涙を流したら

やさしきあなたを 迎えにゆくから



美しい心と やさしい命が好き

いつでも いつまでも

そんなあなたのそばがいい



そうだ 俺たちは人間だもの

二人のからだには 血が流れているから


そうだ 俺たちは人間だもの

二人のからだには 血が流れているから


そうだ 俺たちは人間だもの

二人のからだには 血が流れているから

【善友の死に思うこと】

私の「この命」には限りがある。
あなたの「その命」にも限りがある。

無常の風が吹く度に、ほんの一瞬だけ、その事実に驚きがたつ。

あの日、私は誓ったはずだった。

続きを読む

娘の友人の死

中3の娘の友人が亡くなった。小学校の頃に同じ塾で仲良しだった子だ。

昨日お通夜で今日が葬儀。

朝、娘の担任の先生から電話があった。

担任「今日は大事な模擬試験の日なんです。お通夜に参列すれば葬儀に出なくても大丈夫なので、試験を受けるように促してもらえませんか?」

僕「娘は葬儀に出たいと言っています。」

担任「そうですか。娘さんにとって大事な模擬試験なんですが…。」

僕「本人に任せます」

こんな感じのやり取りだった。




続きを読む

放っておくこと

いろいろあるよね。気になるだろうけど、幾つかのネガティブな事象に囚われて「全体的な生」を見失っちゃダメだよ。

合気道の学び。片腕を掴まれたら普通の人は全身を緊張させて抵抗する。でも、掴まれてるのは片腕だけ。本当は残りの身体は何にも拘束されていない。つまり自由に使えるんだよ。

何にフォーカスするか。何に囚われているか。そんなのほったらかして自由に動けばいいんだよ。必ず状況は変わる。懐かしの住み慣れた小さな囲いなんて超えてしまえ。

君はその苦悩が、その悲しみが、これまでの自身のアイデンティティだったからどうしても引き摺られるだろうけど、金輪際キッパリと振り捨てて、一歩踏み出すんだ。時の突端へ。

問題の解決は「答えを得る」ことじゃなくて「問題が問題でなくなる」という仕方で訪れるんだ。

君の囚われている問題は、そんなに毎日苦しんで、君の人生を棒に振るくらい大切なものなのかな?

答えは出るのかな?

それで満足?

全体性は、優しいよ。




追伸

『あきらめた あきらめた あきらめきれぬと あきらめた』詠み人知らず


「ある夫婦の物語」


Facebookで話題になっていた「ある夫婦の物語」。

以下、転記します。和訳あり。


続きを読む

思い出した

ずっと忘れていた。

だから探していた。

いろんな人が教えてくれていた。

いま、思い出した。

僕が大切にしているもの。

大切にしたいもの。

大切なもの。

しばし

131_19お久しぶりです。enjuです。1月は意地になって毎日更新してみましたが、2月はお知らせ記事くらいでまったく更新できませんでした。もちろん、日記を書かないからといって、何もない日々を生きている訳ではありません。でも、今はもう書く気が起こらないのです。続きを読む

「念仏せよ、汝を救う」

阿弥陀仏は「念仏せよ、汝を救う」と呼び詰めである。
真宗は、「聞」一つで救われる教えである。
続きを読む

今年最後の日記

shinranmyogo312月は矢のように過ぎ、うかうかバタバタと終わろうとしています。来年があると当たり前のように思っていますが、それは私の希望(妄想)にすぎません。
 
 近年ブログというものが流行っていて、web上ではそこかしこに人々の声が刻まれています。思うのです。その人々が亡くなっても、ブログは残ります。主を失い、二度と更新されないそうしたブログは毎日増え続けているでしょう。
 
 私もなんとなくブログを綴っていますが、やっぱり書き残しておきたいことがあります。
続きを読む

続・信念

再び、信念とはなんでしょう。続きを読む

信念

信念とはなんだろう。続きを読む

どこみてんのよ〜!

お前の目は外を向いてひっついてるから、いつも外ばかり、人ばかり見ている。いえいえ内側も、自分自身も見ていますだって?それは内ではないし、自分でもない。じゃどうしたら内側をみれるのかって?それなら外を見なさい、人を見なさい。

いまここで

目を開いて見てください。
しっかりと見てください。
お願いです。
見てください。続きを読む
ギャラリー
  • enju1stソロアルバム『Little Planet』完成
  • 「あんちゃんと一緒に、『歎異抄』を読みたい。」
  • CD完成
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • お坊さんモデル
  • 瞑想と音楽とコンステレーション2014東京
  • 【はたらき】
  • 「山カルチャー」
  • 「フリースタイルな僧侶たち」
  • 「一般社団法人メッター」
  • 「大阪大空襲の記憶を語る×傾聴演劇」座談会2013
  • バーテン始めました。
  • 『美st』に出ました。。。
  • メッター☆ラボ開所式
  • 変わるということ
  • DPAエンカウンターグループ
Profile

【enju】

Twitter
Archives
QRコード
QRコード
Twitter
j_enjuをフォローしましょう
popin
  • ライブドアブログ