一水四見

enju's Private Blog

古くて新しい場と、古くて新しい人々。

岐阜県は大禅寺、根本一徹住職の主催する『山カルチャー』終わる。

http://revision.enju.in/workshop/yama-culture20140621.html

【雑感】

思えば私という存在は、気がつけばこの世に既に存在していた。何処かの誰かが言っていたように、まさにこの世界に投げ込まれた存在だったのかもしれない。

そういう訳だから、今ここに、現に生きる人間が、それぞれに「何か」真実なるものを探求したり、生命の本質的な「何か」と触れるための仕方や場が古来から大切にされてきたのだろう。

そうした人間の歴史の中で、それらが体系化され脈絡と受け継がれてきた。我々の暮らす日本ではそれは「道」と呼ばれ、広く文化としても今日まで語られ受け継がれ物語られてきた。

時々に様々なカウンターカルチャーがそれらのバランスを取り、または潰し合い、あるいは弁証法的にそれらの伝統を時々にアップデートしてきたのだろう。

現に生きて存在し、その存在ゆえに悩み苦しむ人間が「何か」を求めて、偉大な伝統や、逆に新しい文化にその「何か」を見出す可能性を感じてきたのだろう。

「何か」とは「何か?」。

そう「何か」としか言語化できない、言語以前のモヤモヤやヘドロモドロで把握しようもない「何か」。

これまでは、その「何か」を培う体系は、宗教的伝統が担ってきた。

檀家制度が崩壊しつつある現在、個としての探求者が伝統的な体系にコミットする要素として、以下の3点を挙げてみる。


1.宗教や宗派や会派の理念や思想哲学に惹かれて。

2.行為や修行としてのプラクティスやメゾットや手法に惹かれて。

3.あるいは指導者や人物のカリスマ性や人柄、または仲間・共同体に惹かれて。


一つの何かを自らの決断で選択する熱心な人ほど、神経症的な信仰や、カルト的な信仰形態を経ることが多いように見受けられるし、必然的に独善的、排他的な空気が形成される。

また指導者のカリスマ性や人柄に就く危険性も度々指摘されてきた。ドグマと化した宗教的権威性も同じことだろう。

かといって、宗教色や宗派色を薄めた所謂ユルい場作りには、世俗迎合的、仲間同士の仲良しサロン的な雰囲気が漂い、実存的飢餓状態にある探求者には物足りない。

あるいは、情報化社会となり、ほぼ世界の伝統的な経典やテキストが自由に読め、またその指導者とも縁を結べる時代にあって、あちこちを渡り歩き、様々な思想のパッチワークに奔走し、結局は根本不安を募らせてしまうという、情報遭難、スピリチュアル難民に陥ってしまう人も少なくない。

今回、集まった人々は、アーティストや宗教家やカウンセラーや場作りをしている方が多かった。もちろんその他の様々なあり方の方々も。

紐解いて見ればいづれも探求者であった。いや本質的に人間とは、自らや世界を問わずにおれない存在だと言えるだろう。

今回ここ大禅寺で、上記1.2.3を超える場に(あるいはその可能態としての場に)立ち会えた思えるのは、僕だけだろうか。

振り返れば、現代の古くて新しい「場」としての、確かな胎動を感じた二日間でした。

そんな場に立ち会えたことに感謝し、出会えた仲間にお礼申し上げます。

マスコミに取り上げられたり、流行に迎合するのでもなく、つながりあう人と人を通じてこのような場が起こりつつある今は、最もスリリングな時代なのかもしれない。

稀有な時間をありがとうございました。もう二度と会えなくても、もう既に出会ったという感覚。

無垢な存在は美しい。。。。

それぞれの道を歩み行きましょう。

また、ご縁にまかせて。





内在的な?その向こう


【メモ】

今朝の勤行後に久々の体感。

僕は

無意識に対象を立ててる
(対象=問いでも可能)

(だからきっとそれを逆手にとって、先ずは対象を立てるように教わってきたのだな)

対象があるように見える
対象を信じる
対象が在ると疑わない

対象だから外在していると思う

対象と私という構造に嵌る

この時間が長らく続く

ここで完了すること多し

しかし降りかかる苦しみや
逃れられない疑いが

その安住を許さない


(亀裂・疑・困惑・破綻→転換)


あら

内在していた
対象などない

内在しながら超えている
だから内も外もない

でもそれは内にあるように感じる
それは確かにあるのだが
「我が物」ではない

多分あらゆる対象は
このスペースに収まっている

思考が落ちる
いや落ちてる

それを考える必要がない
考えることは対象化すること

思考は問題を作り出し続ける
それを解決しようとまた思考が働く

血で血を洗うみたい

ものすごいエネルギーを浪費してる
だから簡単に疲弊する



スペースにくつろぐと
エネルギーは充満している




言葉にしたら、あら陳腐。
とこにでもある、言葉。

とりあえずメモメモ。

すぐにまた忘れ切ってしまうから。






「山カルチャー」

敬愛する禅僧にして友人の、根本一徹師のお寺、岐阜県の大禅寺で、今月21日22日に宿泊Workshopが開催されます。

題して「山カルチャー」!

10354246_782122791827792_2361333037731435101_n


前回もかなりヤバかったのですが、今回は「プレイバックシアター」という手法を使って、さらに楽しく
深イイ時間になると思われます。自然豊かな禅寺での二日間、どんな顔ぶれが集うのか、楽しみなWorkshopです♪ 僕が(^^ゞ

詳しくは下記アドレスをクリック!

http://revision.enju.in/workshop/yama-culture20140621.html

微睡み。午前4時の独り言。


子どもの頃から色んな疑問をもってたけど、まだ何も答えらしきものを得ていない。そもそも僕はほんとは何も分かっていないのだった。

例えば、子どもの頃いつも思ってた。「僕が今この部屋のベッドで寝ている時に、小学校の校舎は存在しているのだろうか」とか。

周りの人たちは言った。「そりゃあるだろう」。でも、自分が直接確認できないものが確かに存在していると言えるのは何故だろう。それは推測だろう。

例えば、クラスメイトの健ちゃんは、僕が家に一人でいる時、どこかでちゃんと存在しているのだろうか。

例えば、隣の部屋はいつも隣の部屋として存在しているのだろうか。

例えば、僕が目を閉じた時に、本当は世界は一旦消えてしまっているのではないか。

例えば、先の学校の校舎が気になって、夜中に現地に見に行ったとして、今度は僕の家が消えてしまっているんじゃないんだろうか。

その時たとえ電話で家の誰かに家の存在を確認しても、それが本当かどうかどうやって確かめられるのだろうか。


なんて事を、しばしば考えてた。



例えば今君は(僕にとって)確かに存在しているのだろうか。

僕が忘れている時は、少なくとも僕の意識の上では存在していると認識できていないのに。

でも、亡くなった友だちは思い出す時は、いつも「いる」と感じるのは何故だろうか。

生きている(これも謎だ)人は、存在したりしなかったりするように思うのに、亡くなった人はいつもいると感じるのはどうしてなのか。



こんなような問いを考えたり、今まで結構色んな本を読んだりして、何となく分かった気になっていたけど、実は全く分かっていないのです。


ほとんどの問いは、分かったフリか、問う事をやめてしまっただけで、やっぱりいつも変わらずあるんだなぁと。

今、書いていて意識が日常のレベルに戻ってきたけど、書き始めの頃は子どもの頃のあの感覚の中でした。


うーん、他にも幾つか疑問があったなぁ。


また、今度誰かと語らってみよう。

できれば、焚き火など囲みながら。


正月そうそう変なこと書いてる(笑)


ご静聴ありがとうございました。


つづく……よね、これ(笑)


問いは問いが消えない限り問いとしてあるんだもん。

音楽と行動と

ここの所、特定機密保護法について色々考えてたんですが、何故か以前に訪れたカンボジアの「S21(トゥール・スレン)」で作った曲を思い出しました。



「S21(トゥール・スレン)」とは、クメール・ルージュ(カンボジア共産党)支配下のカンボジア(民主カンボジア)において設けられていた政治犯収容所の暗号名で、稼働中は存在そのものが秘密であったため公式名称はありません。

S21では、2年9ヶ月の間に14,000〜20,000人が収容されたと言われ、そのうち生還できたのは8人(現在身元が分かっているのは7人)のみであった(これまでは7人とされていたが、2007年、別の刑務所に移送されたため生き残った女性1人が名乗り出た)。Wikipedia参照。

続きを読む

【善友の死に思うこと】

私の「この命」には限りがある。
あなたの「その命」にも限りがある。

無常の風が吹く度に、ほんの一瞬だけ、その事実に驚きがたつ。

あの日、私は誓ったはずだった。

続きを読む

娘の友人の死

中3の娘の友人が亡くなった。小学校の頃に同じ塾で仲良しだった子だ。

昨日お通夜で今日が葬儀。

朝、娘の担任の先生から電話があった。

担任「今日は大事な模擬試験の日なんです。お通夜に参列すれば葬儀に出なくても大丈夫なので、試験を受けるように促してもらえませんか?」

僕「娘は葬儀に出たいと言っています。」

担任「そうですか。娘さんにとって大事な模擬試験なんですが…。」

僕「本人に任せます」

こんな感じのやり取りだった。




続きを読む

「フリースタイルな僧侶たち」

フリースタイルな僧侶たりのフリーマガジン(vol.25 2013.10.1)に、メッターが特集されました。ネットでも読めるので、よかったら見てね。http://p.booklog.jp/book/77379

metta

「一般社団法人メッター」

虐待に苦しむ人の悩みを聞くだけでなく、直接手を差し伸べたい。関西の若手僧侶らが宗派を超えて、被害者を物心両面で支えている。(朝日新聞夕刊2013.6.4)

僕らの活動の一つです。応援よろしくお願いします。http://metta.or.jp

421187_583716715001735_177466666_n

放っておくこと

いろいろあるよね。気になるだろうけど、幾つかのネガティブな事象に囚われて「全体的な生」を見失っちゃダメだよ。

合気道の学び。片腕を掴まれたら普通の人は全身を緊張させて抵抗する。でも、掴まれてるのは片腕だけ。本当は残りの身体は何にも拘束されていない。つまり自由に使えるんだよ。

何にフォーカスするか。何に囚われているか。そんなのほったらかして自由に動けばいいんだよ。必ず状況は変わる。懐かしの住み慣れた小さな囲いなんて超えてしまえ。

君はその苦悩が、その悲しみが、これまでの自身のアイデンティティだったからどうしても引き摺られるだろうけど、金輪際キッパリと振り捨てて、一歩踏み出すんだ。時の突端へ。

問題の解決は「答えを得る」ことじゃなくて「問題が問題でなくなる」という仕方で訪れるんだ。

君の囚われている問題は、そんなに毎日苦しんで、君の人生を棒に振るくらい大切なものなのかな?

答えは出るのかな?

それで満足?

全体性は、優しいよ。




追伸

『あきらめた あきらめた あきらめきれぬと あきらめた』詠み人知らず


「私の言葉」「大切な人の言葉」「宗教の言葉」

「他力本願」という言葉が誤用されて久しい。知識人ですら誤用(あるいは故意に用いて)している。そうしたことに(意図的な悪意のあるものを除いて)僕は一々指摘したり、言葉狩りのようにヒステリックの糾弾するつもりはない。

しかし、広く一般に無自覚に誤用されている「私にとって大切な言葉」とは何なのか。少しTwitterで呟いたものをピックアップしておきます。

(これは誤用し続ける他者を非難するものでも、その知識不足を指摘するものではありません。自分の理解を整理するものでありあます。)














「私の言葉」「大切な人の言葉」「宗教の言葉」いろんな観点から味わえました。

人生にはもっと大事なことがある

Facebookよりシェア。
僕も同じような経験しまいた。
ジーンときますねぇ。

以下シェア文。
______________________________________________________

息子:パパ、ひとつ訊いていい?
パパ:なんだい?
息子:パパの時給はいくら?
パパ:ほっといてくれ!どうしてだい?
息子:なんてもいいから教えてよ。パパの時給はいくら?
パパ:そんなに言うなら…う〜ん、時給100ドルくらいかな。
息子:えっ!(うつむきながら)パパ50ドル貸してくれない?
パパ:くだらないオモチャを買うために?いますぐベッドに入って反省してなさい!
   パパはそんなことの為に働いているんじゃないんだ。

男の子は静かに自分の部屋に戻りドアを閉めました。
ぶしつけな質問にカッとなったパパも、しばらくして少し冷静さを取り戻しました。
お金を借りたいなんて、あの子らしくない態度だったな。
彼は息子の部屋の前に行きドアを開けました。

パパ:起きてるかい?
息子:…うん。
パパ:さっきはきつくあたってすまない。ほら、ここに50ドルあるよ。

男の子は笑顔で立ち上がりました。

息子:ありがとうパパ!

そしておもむろに枕の下からお札の束を取り出し数え始めました。
男の子はもういくらかお金を持っていたのです。
パパはまたしてもカンカンです。

パパ:どうしてお金を持ってるのに貸してだなんて言ったんだ!?
息子:だって足りなかったから…。でももう大丈夫!
   パパ、ここに100ドルあるよ。パパの1時間分。
   だから明日は1時間早く帰ってきて、夕ごはん一緒に食べようよ!

パパは打ちひしがれました。
男の子を力いっぱい抱きしめ、許しを請いました。

ただがむしゃらに働き続けているあなたへ。
時間は私たちの指の隙間からこぼれ落ちていきます。
愛する人との時間は100ドルで買えますか?
もし明日死んでしまうとしたら、会社には我々の代わりになる人がいます。
でも家族や友人は、残りの人生を喪失感と共に生きることになるでしょう。
そのことを思えば、もっと家族との時間を大事にできるかもしれませんね。

人生にはもっと大事なことがある。

"いいね"や"シェア"が、全ての父親の目を覚ましてくれるかもしれません。

Translate from
https://www.facebook.com/HitLikeIfAgreed

______________________________________________________

以上


ギャラリー
  • enju1stソロアルバム『Little Planet』完成
  • 「あんちゃんと一緒に、『歎異抄』を読みたい。」
  • CD完成
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • 寺子屋カルチャー終了!
  • お坊さんモデル
  • 瞑想と音楽とコンステレーション2014東京
  • 【はたらき】
  • 「山カルチャー」
  • 「フリースタイルな僧侶たち」
  • 「一般社団法人メッター」
  • 「大阪大空襲の記憶を語る×傾聴演劇」座談会2013
  • バーテン始めました。
  • 『美st』に出ました。。。
  • メッター☆ラボ開所式
  • 変わるということ
  • DPAエンカウンターグループ
Profile

【enju】

Twitter
Archives
QRコード
QRコード
Twitter
j_enjuをフォローしましょう
popin
  • ライブドアブログ